服部一成と佐野研二郎のデザインをめぐって、友達とケンカした話

服部一成と佐野研二郎のデザインをめぐって、友達とケンカになった。 服部一成と佐野研二郎は、ともに引く手あまたの人気グラフィックデザイナーで、佐野研二郎はオリンピック・エンブレム問題で話題になった人でもある。 佐野研二郎はエンブレム騒動をきっ…

清原唯『わたしたちの家』と、よだまりえ「私の家」/諏訪敦彦『H story』

映画『わたしたちの家』について考えていて、清原監督の同級生、よだまりえさんの「私の家」を聴いていた。 www.youtube.com 宇宙の中に小さい惑星(ほし)だ 緑と青の服を着てる 辺りは霞 半径2ミリ そこに私の家があるの 一億二千年前の話 私はいったい何…

石内都――写真と被写体、それぞれの表皮

石内都、実はちょっと苦手だったのだ。被爆した衣服、傷跡のある肌。彼女が選ぶ被写体は、それ自体がとても強いものだから、写真を前にして受け取る情動が、写真の力か被写体のエネルギーによるものか判断しにくい。 そのように分けて考えることの不毛さ、「…

能條純一 デフォルメとしての写実

shimirubon.jp (上記コラムの、参照画像付きバージョンです) 思い起こすのは、能條純一である ビーバップみのるが「『浮浪雲』だけ読んどきゃいい、『浮浪雲』にぜんぶ描いてある」と映画『Bisキャノンボール』で言ったよう、『浮浪雲』(ジョージ秋山)に…

長渕剛と「移人称」

長渕剛の歌詞に、移人称のものがある。そしてその移人称は〈歌われる言葉〉を聞くのでなく、〈書かれた言葉〉を読むことによって生じる。突然だが、このことについて述べていく。 長渕剛『RUN』 まず、長渕剛の『RUN』を聴いて欲しい。 長渕剛「RUN」 - Y…

東京トガリのトガみ

東京トガリについて、解き明かすことはできない。 解き明かそうとすると発狂しそうになるところが数学に似ている。 東京トガリはすごいスピードでコンテンツ力を上げていくので、私の遅筆ではとても追いつけない。 Ⅰ 東京トガリのtwitter(2017.4.22 初ツイ…

北野武『素晴らしき休日』全解釈

『素晴らしき休日』は、北野武の映画(3分)だ。 カンヌ映画祭からの依頼「映画館をテーマにした3分間の映画」のために、この作品は撮られた。 この3分間の映画は、2時間の映画と変わらない映画的エッセンスに溢れている。 先日、この作品を友人と観たとき、…

イメージアウラ——トーマス・ルフ、杉本博司、レン・ハンを経て(部分)

〈レン・ハンが亡くなった。トーマス・ルフと杉本博司の論考は、もともとレン・ハンについて書いたものだった。ここに一部を抜粋する。〉

0号室とウジェーヌ・アジェ――コンテンツ・アート

0号室さんのインスタグラムがかっこいい。 https://www.instagram.com/0___room/ 匿名の極地、といった感じだ。 〈景色〉は無人。 〈人物〉は手足や後ろ姿のアップ。 〈エフェクト〉は既存のスマホアプリのもの。 戦慄するほどディストピア。 とにかく見た瞬…

〈寝る前映像〉としてのリアル――『君の名は。』新海誠

私たちは、夜寝る前に布団の中で妄想している。 好きな漫画のキャラクターになる その漫画に新キャラとして登場する 好きなアイドルや、好きなクラスの子といい感じになる などの映像ヴィジョンを、毎晩夢想している。 『君の名は。』は、この、夜の〈寝る前…